2016年 09月 20日
第二次ハートフル・タンク・カーニバルに行ってきた。番外編。
 前エントリーからずいぶん時間が経ってしまいましたが,横浜と大洗に行ったときの番外編を書いておこうと思います。



 一つ目。

 リカンベント・トライクの中でも最高峰かつ高性能と言われるWindcheetahに乗った。
d0088420_00451932.jpg
 私の製作している自作リカンベントにも影響を与えているトライクでもあります。Twitterで知り合いの方が大洗付近に住んでらっしゃって,会いに来てくださいました。
 初めて見た第一印象はオーラがあるなぁ,と。その次に思った以上に狭いなぁ,と。感じました。
d0088420_00472081.jpg
 写真を見てもわかりますが,シンプルな構成に見えて構造的には結構特異な部分が多く,実際に見るとより独特だなぁと感じました。
d0088420_00490702.jpg
 ここなんか,そういうふうに解釈したか…っていうような解法で構成されている部分の一つかなぁと。単管パイプ構造を全体的に適応した代わりに,独特な設計で作られています。
d0088420_00514608.jpg
 そんな中で自分が一番関心を持ったのは,このマシンを操作するためのハンドル。ハンドルと書きましたが,このマシンはハンドルじゃなくて操縦桿です。操縦桿でも無いな,操縦するためのバー。でもわかりにくいので操縦桿と呼びます。

 操縦桿の付け根を見るとわかりますが,二軸のフレキシブルなユニバーサルジョイントで操縦桿のパイプと繋がれ,そこからリンケージを介して左右のホイールを操舵しています。

 ここで重要なのがユニバーサルジョイントです。二軸なので,操縦桿を前後左右にいくら振っても操舵に一切関与しません。つまり,操縦桿を捻らないと操舵しないのです。
d0088420_01032805.jpg
(この画像だけLoroから拝借。撮ってなかった。)

 先端がただYの字型に開いているだけの操縦桿を,手元で捻らないと操舵しないんです。これ。しかもYの字の幅がせまいからモーメントアーム短くて思った以上に操舵が重い。

 でも,こいつはそうじゃないとだめなんです。なんでかっていうと,このWindcheetahはトライクなのに車幅がかなり狭いんです。三輪車は幅が狭いと横転します。横転しないようにするためには,バイクみたいに体を旋回方向に倒して重心を移動させなければなりません。それも高速域ならめいいっぱい倒さないと転がってしまいます。それなのにもし,操縦桿がフレキシブルに動かず,二輪のようなハンドル形式だったら,体を傾けられないどころか,傾ける方向と逆向きにハンドルを動かさないとだめなのです。
 なんで,Whindcheetahは操縦桿と一緒に体を傾けて,その上で操縦桿を胸元で捻って操舵するという操作システムになっているんです。
 画像や動画で操縦法はわかってましたが,実際に弄ってみると中々衝撃的な操作感覚でした。

 しかしまぁ,こんなところでこんなマシンに出会えるとは思ってもおらず,中々新鮮な体験で興奮しました。いろいろと得られた知見は次回作に反映することが出来るなぁ。ありがとうございました。

 二つ目。

 首都高速湾岸線をホンダビートで走った。
d0088420_01484651.png
 こんな感じ。

 横浜での思い出の一つにホンダビートで首都高速湾岸線を走らせて貰ったことです。
ネットの知人のmizukiさんに出会えたもんで,連れられて横浜や首都高速を走ってもらいました。
d0088420_01494157.jpg
 しかしまぁ横浜にしろ,首都高速にしろ,ものすごく入り組んでいていい意味でごちゃごちゃしていて,あぁなるほどこれが都市圏の構造なのか…としみじみ思った次第なのです。
d0088420_01502331.jpg
 っといろいろと走って案内してもらった所で,「ビート乗ってみない?」とお誘いがあったので甘えて乗らせてもらいました。初ビート。実は興味があった車両だったんで嬉しかった。
 今思い出すと,乗り心地も走り心地もとてもダイレクトだなぁというのが印象に残ってます。自分の乗ってるアルトバンがなんでもマイルドに操作や情報をいなして走ってる一方,今回乗ったビートは全部自分で操作しないと走らない感じというか,車両の操作も自分の知覚に入ってくる情報も,全部直接迫ってくるような印象。まぁ,何も知らないで乗ってるから,比較対象がなさ過ぎてアレですが,とても面白い車でした。
 が,まぁ走った所は旅行先で触る車は初体験,操作も道も慣れてなかったもんでさながら教習所の路上教習にやっと出てきた新人君みたいな走りっぷりを披露してしまったので中々な下手糞さ加減でした。

 いろいろご迷惑おかけしましたが大変楽しかったです><

 三つ目。

 ハンドサイクルに遭遇。

 今回不思議な乗り物に出会うことが多くて,ハンドサイクルを見ました。
d0088420_01412037.jpg
 これ。障がい者スポーツの一つであるハンドサイクルです。脚が動かない人たちが,腕の力を使って走る自転車です。リカンベントとはちょっと違いますが,イスに座るところなど共通点もあります。
d0088420_01440095.jpg
 JICA横浜 海外移住資料館にオリンピック関係の展示品としておいてありました。なかなかメカニカルな構造で,面白いなぁと。

 とまぁ,大体こんな感じでした。

d0088420_01533353.jpg
 今回の旅行記は,印象に残った部分をかいつまんで記事にしてみました。
次は11月にあるあんこう祭に行く予定です。横浜と東京はまた時間があるとき行こうかな。
またいくぞー!

[PR]
by steadycat | 2016-09-20 02:01 | 日常のぐだぐだ | Comments(0)

<< じさくりかんべんとが かんせい... 第二次ハートフル・タンク・カー... >>