2017年 11月 14日
つくると!4にしゅってんしてきました!
つくると!4 に出展してきました。
d0088420_01282049.jpg
今年の会場は福岡市科学館。10月にできたばかりのとても綺麗な,街中の科学館で展示しました。

つくると!は私にとって半ば恒例というか,すでに出ないと落ち着かないレベルになってきた感があるのですけれども,また性懲りもなくリカンベントを展示しました。
とはいうものの,展示会ごとに内容は徐々にシフトさせているつもりで,今年はゴム動力で飛ぶ飛行機の展示を中心に,ゴム動力羽ばたき飛行機のワークショップまで開きました。
d0088420_01285818.jpg
d0088420_01290604.jpg
※すかいくん撮影

初めて開いたワークショップでは,長い時間を使って皆さんに羽ばたき飛行機を作ってもらいました。みんな悪戦苦闘しつつも,最終的にはまぁまぁ飛ぶ飛行機が完成し,みんなパタパタ飛ばしながら笑顔で帰ってくださったのが何よりの収穫でございました。
飛行機のワークショップで絶対に必要なのは「まぁまぁ飛ぶ」事。これは何とか達成できたので,良かったと思っています。

一方でワークショップの方に相当時間を吸い取られたので,展示の方はどうしてもおろそかになってしまったのは反省点ですが,どうしようもないのも事実。
もしできる事ならば2日とも開くのではなく,1日だけにしてその日に2回行った方が,その日の1回目で集客,2回目で集合という形にできて,良かったのかもしれないなと思いました。

というわけで展示の方はちょっと疎かになってしまいました。それでもがんばって展示はしました。
来てくれた人であまりお話が聞けなかった人,ごめんなさい。

今回の展示場所は福岡市科学館でしたが,客層が今までと違っていて街中からフラフラと入ってきてくれる人が多くて,こういうイベントを知らない人たちがたくさん入ってきてくれたのはとても良かったです。

そして相変わらずの会場の雰囲気のよさ。みんな認め合って互いを尊重しあう雰囲気。否定的な雰囲気がまるでないところが何よりも最高なのです。
d0088420_01305031.jpg
ブースとワークショップ運営で忙しすぎて会場の写真まったく撮影できなかった…
上の写真は自立行動するR2D2!歌って踊って動き回り,
ストームトルーパー(製作者さん)とお散歩していました。
自分で動いてついていくんですよ。すげぇ。
制作費は400万とか。その技術と熱意に脱帽。すばらしすぎた。

他にもたくさん楽しいものがあったけれど,紹介できるほど写真を撮影していないのがめっちゃ残念…。

とりあえず今回で一区切りと思っていたんですけれど,やっぱり出し続けようと思います。

続けることが大事。また出します。

次は何を追加して出そうか。何つくろうか。

いつもならつくると!が終わると若干放心状態というか,やりきった感が出て何もしなくなるのだけれど,今は何かフツフツと熱が残っている感じ。やっぱり誰かに見せることができる機会があるってすばらしいことだよね。この感じ大切にしていきたい。

運営してくださっているつくると!実行委員会の方々,来て頂いた皆さん,そして,手伝ってくれたおふた方,本当にありがとうございました。

佐賀でもやりたいなぁ。どうにかできんかなぁ。

[PR]
# by steadycat | 2017-11-14 01:40 | 日常のぐだぐだ | Comments(0)

2017年 10月 31日
つくると!4 にしゅってんします!
相変わらずまた つくると! に出展します!


Facebookの方では開催情報が色々と更新されてます。


今回で4回目!
新しくできたばかりの福岡市科学館で開催されます。
期間は11月11日~11月12日の2日間です。

今回もリカンベントを中心に展示していきますが,そろそろ発展的な内容にシフトしていこうと思っている次第です。
自分の製作物展示から,普及,発展へシフトしていきたいなと。

私が昔から色々なものづくりをやってきた中で,「空を飛ぶ」物から作る面白さ,楽しさを広めていきたいなと思っています。

その取り組みを始めるひとつとして,羽ばたき飛行機を作るワークショップを開く予定です。
d0088420_02201939.jpg
これを作ってみんなで飛ばすよ!
ほかにも今回は飛びものをいつくか展示していきます!
リカンベントももちろん展示していくよ!

是非お越しくださーい!

[PR]
# by steadycat | 2017-10-31 02:31 | お知らせ | Comments(0)

2017年 06月 16日
リカンベントでかんちがいされていること。
 リカンベントをちょっと知っている人は大抵こう思っているようです。

「めっちゃはやい」
「とにかくはやい」
「やべぇやつ」
「くうきていこうがすごい」
「たかい」
「はやい」

 っとまぁ,どこぞのバカ動画のお陰と,某ストリームライナーのお陰で,どうしてもリカンベントはどちゃくそ速い!ってイメージがバンバン先行して広まってっているような気がします。

 ぶっちゃけていうと間違ってないんだが間違っているのである。

 ロードもリカンベントもミニベロも折りたたみ自転車も扱っていた私が表現するには,

 「リカンベントは速いんじゃなくて,結局速く走れているだけ。」

 なのだ。

 瞬発力とか瞬間的な速度を考えると,普通に乗っている分においては,立ち漕ぎのような全身運動で加速することのできるロードのほうが,トップスピードは間違いなく速い。

 スゴ技で出て来るような世間を賑わすリカンベントは150km/h近い速度出してるじゃないの!とつっこみがきそうですが,とんでもない速度で走れるリカンベントは「ストリームライナー」と言って,リカンベントのようでリカンベントとはちょっと違う乗り物なのです。しかも走る場所はフラットな直線。そしてフルカウル。3km程度の助走をした後200mを130km/h以上で全速力で走るとんでもない競技。あれを持ち出したらダメなんだよね。ちなみに私がリカンベントでフル加速しても条件がよくてせいぜい45km/h越すか越さないか。それでも加速できるようになった方で,ロードでモガいた方が速度はすぐに出る。

 だったら何でリカンベントに乗っているの,と言われると,速度に魅力を感じて乗っているわけではないのです。

 リカンベントをこよなく愛する人々の大半が感じていると思われる,リカンベントの良いところとは何かと言うと,

「上半身をリラックスさせて空気抵抗少なく走れるところ。」

 なんです。

 乗りなれてしまえば,上半身というか,腰から上は一切運動しないため,上半身は一切疲れない。空気抵抗は小さいから,向かい風が吹いていても切り裂いて走ることができる。

 だから,ロードバイクに比べると,平坦を長い時間ちょっとだけ速く,ちょっとだけ楽に走り続けられる。平坦なルートだと,日々練習で乗っているロード乗りとトントンくらいのペースで,トレーニングしてないのに走り続けられる。150kmとかの距離をずーっと30km/hって巡航し続けてる感じ。つまり結局のところ,常にサボってるのに,結果的にそこそこ速く走り続けられる。

 そのアドバンテージに魅力を感じているのです。

 むしろリカンベントはちんたら走っているほうが多幸感に包まれる。

 桜並木や青空を見上げながら,ダラダラゆっくりのんびり走る幸せは,リカンベントじゃないと味わえない。疲れてても視野は前を向いているので楽だし,ダラダラゆるゆる走るととても楽しい。そしてたまに思い切り踏むと普段味わえない速度で長く走り続けられる。トレーニングもせずに。

 リカンベントは間違いなくトレーニングとか速度出すための乗り物じゃない。

 サボるための乗り物。

 それを分からず,ただただ速く走れると思い込んで購入すると,思ったような乗り物でもないし,大して速くないし,場所は取るしですぐオークションに手放してしまう。乗りにくいから,最初はデメリットばかり目だって,良い乗り物とは思えなくなる。

 とくに,スポーツ競技として自転車に乗っている人たちにとっては,サボるための乗り物だから,あんまり魅力を感じられなくなる。そんな所で,購入したての綺麗なリカンベントがワーっとオークションに出てくるのはこんなところが理由だと思われる。

 しかしながら,じっくり乗って,その魅力に気づくと,悪魔的に魅了されてしまう。

 リカンベントとは,そんな乗り物なのです。
[PR]
# by steadycat | 2017-06-16 00:48 | 日常のぐだぐだ | Comments(0)

2017年 06月 15日
しろねこさんのものづくり。
 自作リカンベントって特殊な技術で作ってるなんて思われがちだけど。

 私のものづくりなんてのは本当に既存の技術の組み合わせで成り立ってて,作ったCFRPなんかはラジコングライダーを作るときに良く使われるバギング方法をそのまま転用してきたものだし。じゃあバギングするために使う道具って購入できるの?って思って探したらまぁ割と値段が高いもんで,材質調べてみたらゴミ袋じゃねーかっていう。そんでもって,代用品探してたらほぼキッチン周りの道具と材料でやれることがわかったのよね。っていうかその情報もネットで調べた情報をもとに成り立ってる。

 おおがかりなものを作るための材料もツールもやり方も,実は身の回りに山のようにあふれているんだけれども,果たしてそれらが別のものに転用できるかな?って視点が,自作という行為をするにはとても重要な行為で。

 やってることは確かに特殊だけれども,やってる工程は実は誰しもが手に触れられるレベルの位置にあるものでやっているつもり。つもりであって全然そういうレベルじゃないのかもしれないけれど。

 そういうものを見つけられるのがあなたの特殊技能でしょって言われてしまえばそれまでなのだけれど。

 でも,真空ポンプもDMMの3Dプリントも,エポキシ樹脂もカーボンファイバーも,検索してみればいいと思うのだけれど,そんなに手の届かない範囲にありますかねぇ。

 まぁ流石に,色んなカーボンパイプメーカーにパイプ製作の見積もりを送りまくって探すなんてのは中々やんないかもしれないけれども。でも何か作ろうという強い決心があるのであれば,それくらいやって普通じゃないかナァ。

 僕からすると,本当5年くらい前に比べると,とんでもない技術が容易に手に入る世の中になってきたように思うのだ。

 ちょっとお勉強すればかわいいロボットだって作れる世の中になってしまったのだ。

 ちょっと探し出せば手のひらサイズの飛行機を割と自由に作って飛ばせるようになったのだ。

 そういう意味で,やる気があれば何でも作れる世の中になってきてるよ,ってのを,いろんな人に,子どもたちに,バンバン示していきたいわけです。

 そして,色々なものを作る人が増えた先に,身の回りのものの価値に気づいて欲しいのです。

 そんなことを思う次第なのです。
[PR]
# by steadycat | 2017-06-15 02:14 | 日常のぐだぐだ | Comments(0)

2017年 06月 13日
西日本製造技術イノベーションにしゅってんします!
 ということで,今年もLiliumとLilium2が北九州の展示場で展示される運びになりました。


西日本製造技術イノベーション2017

http://www.innov-w.jp/kigyo.html?aLink=kigyo04

 特別展示
 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の世界展

 SteadyCat.Works.

 ホームセンターなどにある比較的身近な道具を使い作ったCFRPパーツの製作事例と、そのパーツを使った自転車フレームの製作事例を展示いたします。


 つくると!に続けての展示となります。どったんばったんおおいそがし。
 作った車両とフレーム,試作したCFRPラグとナイロン製の型と,いくつかのパネルが展示されるわけですがまぁ前回と展示内容は変わりません。

 エアバスとボーイングとかの並びに並ぶのでただただビビります。なつやすみのこうさくがそこにならんでいいのか,前回と同じくなかなか悩ましいことですが,とにかく展示してくださいとお願いされたので願ったり適ったりと展示させてもらいます。

 なんにせよ平日仕事で私はいけませんが,ちょこっと顔出しする予定です。

 一応一般来場は22日の13時以降になってます。それ以前は基本的に入場できません。
基本的に企業マッチングフェアなので…

 ぜひお近くの方はご覧くださいー。
[PR]
# by steadycat | 2017-06-13 01:52 | お知らせ | Comments(0)

2017年 06月 13日
つくると!3にしゅってんしてきました!
 6月10~11日にかけて,九州大学大橋キャンパスでつくると!3が開催されました。
梅雨入りしたので天気が心配でしたが,当日どちらとも良い天気になりました。

 今回は少しだけ運営ボランティアに関わらせていただきました。
d0088420_23434243.jpg

 看板作ったりPop作ったり。
d0088420_23441344.jpg

 設営したり。
d0088420_23444415.jpg

 ガンダム搬入手伝ったり。
という感じで多少準備に関わらせてもらった上で,当日となりました!

 今回は出入り口にドカーンと場所を陣取らせてもらいました。
乗り物系なので,外に繋がる玄関通路に配置してもらったのです。
d0088420_23554740.jpg

d0088420_23555812.jpg

 今回は自転車だけじゃなく模型飛行機も展示しました。
d0088420_032621.jpg

 ぱたぱた羽ばたいて飛ぶ羽ばたき飛行機。

 リカンベントと飛行機の2本立てな感じで。

 本当に沢山の方に来場してもらって,試乗してもらったり羽ばたき飛行機を飛ばしたりしていました。

d0088420_051662.jpg

 この方は私のリカンベントをパーフェクトに乗りこなしていただきました。

 そしてなんとなんと唐津から来たお友達が竹で作った自作竹ロードバイク!
d0088420_054322.jpg

 わざわざ持ってきていただきました。本当にありがとうございます。
自作自転車2台という奇跡のコラボが発生して盛り上がる。
d0088420_081532.jpg

 竹フレームは味わいがあって本当によかった。

 他には,羽ばたき飛行機をひたすら広場の方で飛ばしていました。
1日目は子どもたちに追い掛け回されつつ飛び回り修理箇所多数。
2日目は2回ほど池ポチャしました。
d0088420_0121811.jpg

 回収の図。
 池ポチャしたものの紙と木だけでできているので,乾かせば十分動く!池ポチャにもめげずパタパタと元気良く会場を飛び回り,皆さんの目を楽しませることができたかなぁと。そして最終日の閉会時間についにクランク部分が壊れました… しかしながら,最後の最後まで本当に良くがんばってくれたと思います。羽ばたき飛行機を飛ばしていると,どうやって作るんですか?材料は?売ってる?と聞かれたので,次回は製作方法なりキットなり,配布することを視野に入れたほうがいいなぁと思った次第です。

 出展してて気づきとしては,やっぱり触れて体験してもらうって言うのはなによりも大切だと感じました。口じゃない。説明じゃない。見て体験して触れて。これがとても大事だなぁと。

 とまぁ,「おぉ~」って声がとてもうれしく,沢山の方々に興味を持って触れてもらった最高の2日間でありました。

 一方出展側なので中々展示は見て回れず…

 ガンダム!佐賀にガンダム!是非作りましょう!
d0088420_0235595.jpg

 論文まもる君や
d0088420_0232326.jpg

 透明な澄んだ音のする楽器
d0088420_0243323.jpg

 オタマトーン自動演奏機!
d0088420_0245668.jpg

 メーターやランプがイルミするようつくったバイク
d0088420_025348.jpg

 などなどちょろっと見ただけな感じになってしまいました。仕方ないね。


 つくると!に初回から参加して思うのは,みんなが

「なにそれなにそれ!つくったー!? すっごーい!」
「よくわかんないや!けどすごいね!」
「できてなくてもつくってるんだね!がんばってね!」
「へいきへいき!みんな得意なことはちがうから!」
 (一部けものフレンズから引用)

 ってスタンスで皆が接して,和気あいあいな雰囲気になっていることが,とっっってもとても素晴らしいなと思う。

 本当にいい意味で,ものづくりアホウになれるし,すきでつくったものをみせるアホウになれる。出展者も来場者も,素直にいろいろな「つくったよー!」を受け入れられる心になれる。

 分野も全然ちがう人たちが集まっているし,むずかしくてよくわかんないや!ってジャンルもあるし,高い技術からゆるい技術まで様々な人がいるんだろうけれど,みんな臆せず披露して,見せ合って,何かヒントになるようなものを見つけたり,教えあったりできている場って,本当に素晴らしいし,中々無い。そして,誰しもがジャンルもレベルも色んな垣根を越えて,その輪の中に入って聞いて体験できる雰囲気ができていることが,本当に尊い。

 そんな素晴らしいことが起きて,その中で色々なつながりが生まれて,新たな発見や行動が起きていることに毎回感動を覚える。人と人との化学反応って,企画している人たちが言っていたのだけれど,このことだと思う。そして,それは出展者側だけじゃなくて,来場者側ともおきていることも,素晴らしい。

 そして,それぞれジャンルが違っていても,こういう雰囲気になれるのは,みんなが「つくると!」(九州地方の言葉でつくるんだの意)って方向にみんな向いてるからこそかなと。変に偏ってないし,かといって散らかっても無い。

 たしかにジャンル固定されてなくて何の会かわかんないから説明がいるってことも確かにあるのかもしれないけれど,でもそうなっちゃいけないようにぼくは思う。いろいろなアホウが色々に「つくると!」って作って見せるアホウになっていることがとてもとても大切だと思う。

 そのお陰で,皆がつぎの「つくると!」っていうものづくり熱に燃料がどくどくと投下されているんだと思う。

 語彙力が無さ過ぎて素晴らしいしか言えていないんだけれども,この火って絶対に消しちゃダメだ。

 だからこそ参加し続けたいし,何か起きていることを見て行きたいなぁと心底思うし,自分自身もそれを見て心の炎の燃料にし続けたいなぁと思うのです。

 そして,それを親子連れも何気なく見て回っている。何気なく見て回ってる。ちょうだいじ。大人と子どもがいっしょにすっごーい!なにこれなにこれ!って関心持つのすっごいだいじ。大事ってもんじゃない。自分たちがやっていることを将来やってくれる、継承してくれる、未来につなげることができる可能性も生んでいること。そういうきっかけになっているのかもしれないこと。

 こういう場が九州の身近な場所で起きていることが素晴らしいなと毎回参加して思います。もっと周知されて欲しいし,周知したい。

 私としては佐賀でもやりたい。
 佐賀でやりましょう。
 いややるんだ。

 そんなことを考える2日間でした。

 おわり!!!!!!!!!!!!!!11
[PR]
# by steadycat | 2017-06-13 01:22 | 日常のぐだぐだ | Comments(0)

2017年 05月 27日
つくると!にいろいろ出展します!
あいかわらず「つくると!」に,出展します!

http://vol3.tsukuruto.net/

リカンベントの車両とフレーム,制作方法,製作ツールなどを展示します。

今回は設計中の模型飛行機も展示しますよー。

会期は

2017年6月10日(土) 12:00~18:00
11日(日) 10:00~17:00

場所は九州大学大橋キャンパスですー。

良かったら来てねー!
[PR]
# by steadycat | 2017-05-27 11:45 | お知らせ | Comments(0)

2017年 04月 26日
さが せんちゅりーらん 2017 はる
毎年おなじみの佐賀センチュリーランに出場してきました。
今年は4月23日が大会日でございました。
d0088420_1162993.jpg

今年は素晴らしい天気の中走ることが出来ました。
d0088420_117975.jpg

相変わらず使うのは自作のLilium2でございます。
前回の大会はロールアウトしてすぐだったんで,調整が煮詰まってませんでした。
なので,今回が本番というか,実力発揮の日になります。

今年はお友達が写真を撮影してくれましたんで走行中の写真がいくつかあります。
うれしい!

よいしょよいしょと山を登って。
d0088420_1202667.jpg

斜度があるとヒーヒーなのです。
d0088420_1212337.jpg

走行速度が5km/hまで低下したりフラフラしたり足ついてしまったりとまぁ運動不足感が否めなさ過ぎる走り方をしつつ必死で登り,まぁなんとか,
d0088420_1213430.jpg

登り切ったのであります!
d0088420_1215287.jpg

いえーい
d0088420_1221540.jpg


もちろん下りはリカンベントの特性を生かして快適に走りました。
この下りのご褒美があるから登るのをやめられない!

到着!
d0088420_123379.jpg


走行時間は4時間半切ったくらい。

走った後はお弁当食べて温泉はいって帰りました。
今年は十分に補給をして十分休養した上で走ったので,前回に比べて随分余裕を持って走ることが出来たように思います。

Lilium2については,なーんの問題もなく大変快調に走ることが出来ました。
登りは踏み込みが十分出力として変換されている感じがあるし,
下りでの高速域や高速コーナーでも非常に大人しくかつコントローラブルです。
走ってて非常に楽しい。
後は耐久性かな…

とまぁ今年も楽しい大会でございました。

おわり!
[PR]
# by steadycat | 2017-04-26 01:36 | ツーリング日記 | Comments(0)

2017年 01月 08日
とっぷ え こうしんー
LUNA > 初詣なのでした。コタツあたたかいねぇー。
真矢 > 寒かったでござる…コタツは最高だわ…。
颯花 > ござる…?
飛鳥 > つーか新年から弄られたよ!胸をな! (TOPイラストページ参照)
YURI > だって大きくなりたいのかなぁとねぇー。
飛鳥 > もう諦めてるからね!だいたいさーYURIこそ何お願いしたの。
YURI > みんな仲良く過ごせますようにとお願いしたわよー?
飛鳥 > おうおう矛盾してるなー願ってることとやってることがなー!?
颯花 > 喧嘩するほど…
LUNA > 仲が良い。

というわけで久々にTOP絵を描きました。
まぁなんやかんや皆仲良く過ごしております。

更新更新~
TOP絵更新
-初詣
[PR]
# by steadycat | 2017-01-08 23:44 | | Comments(0)

2017年 01月 01日
あけましておめでとうございます
d0088420_183427.png


あけましておめでとうございますー。
今年も宜しくお願いします。

今年こそは色々とコンテンツ充実を図っていきたい所存でございます。
いろいろといろいろと。

酉年なのでカササギを描きました。
カササギなんで佐賀です。
佐賀なんでサガン鳥栖です。

そんなかんじで今年一年細々と続けていきますです。

よろしくー。
[PR]
# by steadycat | 2017-01-01 01:10 | 日常のぐだぐだ | Comments(0)